水素水と活性酸素の関係

MENU

水素水と活性酸素の関係

 

リンゴなどの果実を切って置いておくと変色したり、ピカピカに磨かれた金属が何もしないのに錆びていくのは、空気中にある酸素の影響によるものです。

 

この現象は酸化現象と呼ばれ、人間の体内でも同様の事が発生してます。

 

酸素は他の元素と結びつく事で燃やしたり錆を生じさせますが、この結合力が非常に強い酸素が活性酸素です。

 

活性酸素にも種類があり、中には人体が作る酵素で分解でき、健康に影響を及ぼさないものもあります。

 

しかし悪玉の活性酸素は体内で分解できず、細胞へ損傷を与えて病気や老化現象などを招きます。

 

水素水の選び方

 

近年健康や美容に効果があるとされ注目を集めている水素水は、その名の通り水素ガスを溶け込ませた水の事です。

 

水素と活性酸素の関係は深く、水素は人体を酸化から守る抗酸化作用があります。

 

水素水は悪玉の活性酸素と反応しやすい性質があり、無害化させる作用が期待されていて、疲労やストレス、生活習慣で老化を実感している人ほど水素水の効果を感じられる事が多いようです。

 

水素水は様々な製品が販売されていますが、含まれている水素濃度が高いほど抗酸化力が強く働くので、きちんと濃度が表示されている製品を選びましょう。

 

(こちらに人気の水素水の濃度や特徴、飲みやすさなどが掲載された便利なサイトがあるので、ぜひ活用してみてください⇒水素水おすすめランキング【人気のおいしい水素水特集】

 

また、水素水は高圧をかける事で水に水素を溶け込ませますが、炭酸飲料と同じく、圧力をかけた直後から徐々に水素が抜けていきます。

 

容器のフタを開けた瞬間から水素は少しずつ減っていきますので、容器を開けたらなるべく早く飲みきるようにして下さい。